モグラ女子??美人ホルモンをだそう!②

相川真弓です。



いえ、モグラ女子です、、、。(ちょっと気にしてます)





睡眠不足からくる自律神経の乱れで、ホルモンバランスが崩れている私。←モグラ女子と言うらしいです。






プチ不調に鈍感。確かに。





美人ホルモン、通称女性ホルモンが女性にとって大切だと言う事は何となく理解しているけど。




具体的には何のこっちゃ?ですよね。





バストが豊かだったり、セクシーなボディラインの女性が必ずしもホルモンバランスが良い訳ではありません。





そもそもホルモン、ホルモンと言いますが実は人が一生で分泌するホルモン量はわずかティースプーン1杯程なんです。





それを知る前は、「ドバーッ」とホルモンが分泌されちゃうと思っていた私。




美人ホルモンを出すために、まずはホルモンについて少しお勉強してみようと思います。







そもそも女性ホルモンって?



女性ホルモンには2種類あるのは、月経前に保健の授業で習った事がありますよね?

「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の働き

・排卵〜月経前に多く分泌
・月経周期を決める
・食欲を促す
・眠くなる

・イライラする、又は不安定にする
・体内の水分を保持する
・受精後は妊娠を継続させる働きをする

・体温をあげる
・人によっては、ムクミや頭痛腰痛、肌がベタベタしやすい






「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の働き

・生理の終わりから、排卵期にかけて多く分泌
・女性らしさをつくる

・女性らしい身体をつくり、子宮内膜を厚くする
・自律神経、気持ちを明るくする


・肌の潤い、髪の艶を出す
・代謝を促す






と、これが女性ホルモン2種類の働きです。





これだけ見ると、「じゃあ、美人になるにはエストロゲンだけ出してくれたらいいじゃん!」って思ってしまいますが、、、。




長くなったので③に続きます。