マッサージの目的と効能

こんにちは、セラピストのマユです。




今日はマッサージの目的について書いてみようと思います。




『自分ではコントロール出来ないホルモンやリンパにも働きかける』



一言で言えば、マッサージにはこんな目的があります。


私達の身体は、日々代謝を繰り返しています。


呼吸から新しい酸素を取り込み、食事の栄養で血液が体内のすみずみの細胞まで届けて機能させ、不要なものは老廃物として排出しています。



マッサージは、この人が持つ基本的な働きを助けるものです。




赤ちゃんの様にコンディションが良ければ、身体はスムーズに機能しますが、大人になるにつれ、先天的な体質気質ストレス悪習慣運動不足などにより、誰でもどこかしら機能が衰えてたり、狂いが生じます。





本来の機能を働かせる為に、何よりも大切なのは


『リラックスすること』





ココロに不調を抱えていると、身体は無意識のうちに緊張してこわばります。




さらに機能が下がり悪循環に陥ります。





マッサージは、自律神経やホルモン、リンパといった自分の意識ではコントロール出来ない部分にまで働きかけることが出来ます。




アロマオイルや植物のエッセンスは、心身をリラックスしながら、直接血液やリンパの循環な働きかけ、不要なものを流す効果があります。





だから、マッサージにアロマオイルを使用するのが効果的なんです。




日々のマッサージで、リラックスしながら身体にアプローチする事が、美しさを保つのには大切なんですよ。






最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。素敵な一日になりますように。